令和2年度介護職員等特定処遇改善加算における情報公開について
(亀岡たなばたの郷、綾部はなみずき、あんずの里)

 京都眞生福祉会は令和2年4月より、介護職員等特定処遇改善加算の加算算定を行っています。この加算を算定するためには以下の要件を満たすことが求められています。
①現行の介護職員処遇改善加算(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅲ)のいずれかを算定していること
 亀岡たなばたの郷、綾部はなみずき、あんずの里は介護職員処遇改善加算(Ⅰ)を算定しています。
②介護職員処遇改善加算の職場環境等要件に関し、「資質の向上」「労働環境・処遇の改善」「その他」の区分ごとに1つ以上の取組をそれぞれ行うこと
「資質の向上」についての取組
  • 働きながら介護福祉士取得を目指す者に対する実務者研修受講支援や、より専門性の高い介護技術を取得しようとする者に対する喀痰吸引、認知症ケア、サービス提供責任者研修、中堅職員に対するマネジメント研修の受講支援(研修受講時の他の介護職員の負担を軽減するための代替職員確保を含む)
  • キャリアパス要件に該当する事項(キャリアパス要件を満たしていない介護事業者に限る)
「労働環境・処遇の改善」についての取組
  • ミーティング等による職場内コミュニケーションの円滑化による個々の介護職員の気づきを踏まえた勤務環境やケア内容の改善
  • 事故・トラブルへの対応マニュアル等の作成による責任の所在の明確化
「その他」についての取組
  • 障害を有する者でも働きやすい職場環境構築や勤務シフト配慮
  • 非正規職員から正規職員への転換
③介護職員等特定処遇改善加算に基づく取組について、ホームページへの掲載等により公表していること
 京都眞生福祉会のホームページにて取組を公表しています。


 |  トップページ  |  法人概要  |  お知らせ  |  採用情報  |  アクセスマップ  | 
 |  きょうと福祉人材育成認証制度  |  京都はあとふる企業認証制度  |  KESステップ1登録  |  情報公開  |